キタデンシ株式会社 > お客様の声、商品事例 > ドレンコックの腐食を防ぐための心得

ドレンコックの腐食を防ぐための心得

 

 皆様こんにちは、店長の喜多です。
 本日はレンジフードの洗浄時の注意点につきましてご連絡致します
ステンレス製のフードの洗浄時にアルカリ性の洗剤を使用されますと、
レンジフード本体は問題ありませんが、ドレンコックが急激に腐食します。
また、パッキンも弾力が無くなります。
 これは、アルカリ性の洗剤(写真は一例)はアルミニウム、スズ、亜鉛に対して
激しく腐食し、引火性・爆発性のある水素ガスを発生するためです。
ドレンコックは真鍮製でメッキ処理しておりますが、真鍮には亜鉛が約4割含まれており、
大変危険です。なお、ステンレスフードに取りつけられているドレンコックは弊社の確認した
範囲では全て真鍮製です。
 御使用時や納入時はユーザー様へ一言お声掛け下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です